口臭の悩み

MENU

口臭原因

■口臭の原因リスト
* 空腹
* 朝食抜き
* 暴飲暴食
* 早食い
* 偏食
* 口呼吸
* 入れ歯

 

(1)空腹
空腹時は、唾液の分泌量が減少してしまうため、口臭が発生しやすい状態になってしまいます。

唾液は、口臭を抑制する機能と食物のカスを洗い流す働きがあります。

 

(2)朝食抜き
「朝食を食べない」ということは、午前中の時間帯に、空腹状態になる確率が高くなるということです。

空腹状態では唾液の分泌が少なくなり、それが原因で口臭が発生することが想定できます。

唾液には、口臭の原因となる「硫黄成分」を溶かす働きがあります。

 

(3)暴飲暴食
暴飲暴食が原因で、胃や腸の機能が低下し、口臭が発生することもあります。

 

(4)早食い
「早食い」の場合、必然的に咀嚼する回数が少なくなるため、その結果、唾液の分泌量も少なくなります。

唾液の分泌量が少なくなった場合、口内が渇き口臭が発生します。

唾液は、口内殺菌の効果があり、口臭予防において大変に重要な位置にあります。

 

(5)偏食
食べるものが偏ると味覚障害を引き起こし、その結果、口臭が発生する危険性があります。

 

(6)口呼吸
口呼吸の場合、唾液の分泌量が低下し口内が渇きます。

口が渇くと細菌が繁殖することになり、それが原因で口臭が発生することもあります。

唾液には、口腔内の汚れを洗い流す働きがあるため、口臭予防においてとても重要な役割を担っています。

 

(7)入れ歯
入れ歯の表面やバネの部分には、歯垢がつきやすいものです。

そして、それが原因で、口臭が発生することが考えられます。