多汗症

MENU

多汗症の遺伝

多汗症でお悩みの方がいらっしゃると思いますが、あなたのお父さん、もしくはお母さんが多汗症だったということはありませんか?
多汗症は遺伝するのかと言われれば、残念ながら答えはイエスです。

 

例えば、同じ汗の病気、ワキガも遺伝すると言われています。

両親ともワキガだった場合、子供はどれくらいの確率でワキガになるのでしょうか。

それは、70パーセントの確率でワキガになるそうです。

また、母親、父親、どちらかがワキガの場合、生まれてくる子供は将来、50パーセントの確率でワキガになるそうです。

 

同じように、多汗症も親から子供へ遺伝する病気だと考えられています。

多汗症事態が遺伝するというよりは、緊張しやすい性格であるとか、ホルモンバランスが乱れやすい他体質であるとか、このような遺伝が間接的に多汗症の遺伝となるわけです。

親と子供は、体質が似ることは当然ですし、一緒に住んでいれば生活環境や食生活も同じだと思います。

ですから、親が多汗症の場合、子供も多汗症になる可能性が高いのでしょう。

 

同じ汗が原因で起こる、多汗症とワキガですが、ワキガのケースは皮膚の細菌が関係していて、細菌が臭いを発生させています。

一方、汗が問題になる多汗症ですが、メインの原因は精神的なものです。

遺伝だとしても悲観することはありません。

遺伝だとしても、諦めずに治療をしましょう。

自分に合う治療法を探す、または、原因をつきとめて防ぐことが出来るようにしたいものですね。